〜聖歌・賛美歌〜    「みかみのあいをば」   「あめにはみつかい」


聖歌 85  御神(みかみ)の愛をば       

  @御神の愛をば 歌(うと)う我らの
    胸は開きたり 花のごとくに
    御顔の光に 迷いの霧も
    疑いの雲も 消えて跡(あと)なし 

  A御使い聖徒ら歌えみいつ(尊厳、威光)
    月星太陽 称えよ神を
    雪降る高嶺も 花咲く谷も
    林も野原も 砂漠も海も

  B御神は罪ある者をも愛し
    御子なるイエスをば 遣(つか)わしませり
    許しの御恵み 聖むる力
    筆にも声にも 宣(の)べ尽くしえず

  C御神は我らの 父親なれば
    御子なるイエスをば兄上と呼ばん
    世人よ親しみ 互いに助け
    御旨の成る日を 忍び待てかし


賛美歌 158 天には御使い     

  @天には御使い 喜び歌え
    土には世の人 御告(みつげ)を聞けや
    我が君 この日ぞ 死に勝ちませる
    命も真(まこと)も 道もイエスなり

  A万(よろず)の国民(くにたみ) 急ぎ来たりて
    争い合えりし 昔を忘れ
    真の御国の 基(もとい)定めし
    独りの御子をば 君とし仰げ

  B我から頸木(くびき)に 悩める者よ   ○頸木・・・牛馬の後頸にかける横木。自由を束縛するもの。
    解けしを知らずや 罪の縄目の
    朽(く)つべき生命(いのち)は はや失せ行きて
    現れ初(そ)めたり 朽ちぬ生命は          ○初(そ)める・・・物事が始まる。

  C御国に仇(あだ)なす悪魔に勝ちて
    天なる栄えに 入らせ給えり
    心を尽くして 君に頼らば
    終わりの勝ちこそ 我が手にあらめ


新聖歌 22 御神(みかみ)の愛をば

  @御神の愛をば 歌(うと)う我らの
    胸は開きたり 花のごとくに
    御顔の光に 迷いの霧も
    疑いの雲も 消えて跡(あと)なし 

  A御使い聖徒ら歌えみいつ(尊厳、威光)
    月星太陽 称えよ神を
    雪降る高嶺も 花咲く谷も
    林も野原も 砂漠も海も

  B御神は罪ある者をも愛し
    御子なるイエスをば 遣(つか)わしませり
    許しの御恵み 聖むる力
    筆にも声にも 宣(の)べ尽くしえず

  C御神は我らの 父親なれば
    御子なるイエスをば兄上と呼ばん
    世人よ親しみ 互いに助け
    御旨の成る日を 忍び待てかし


リビング・プレイズ 244 喜び称えよ


○このページはピアノ音です。    ●オルガン音はこちらです。


0 トップページ  1 新聖歌(1)  2 新聖歌(2)  3 讃美歌21  4 聖 歌  5 讃 美 歌  6 その他の歌集  7 四重奏/パート奏  8 創作賛美歌 
更新 2015/4/19