MP3&詞
聖歌・讃美歌〜
0 トップページ
1 新聖歌(1) (1〜250番)
2 新聖歌(2) (251〜  )
3 讃美歌21
4 聖 歌
5 讃 美 歌
6 その他の歌集
7 四重奏/パート奏(+オ) 
8 創作賛美歌
●日本聖書協会にリンク
今日の聖句  

●玖珠教会にリンク
ポケット聖書辞典
  
●聖書辞典の代わりに
ウィキペディア フリー百科事典
イエスの香り聖書館
暗唱聖句(7句)
リンク

ホームページ作者
メールはこちらへ 
○音がでない場合の対処の仕方
  
○簡単に音色を綺麗にする方法
(社)日本音楽著作権協会
許諾番号
J190826836

音源ファイルのダウンロードはしないよう御願い致します。
技術的な問題から、お使いのブラウザによってはmp3音源をダウンロードすることが可能な場合があるかもしれません.が、日本音楽著作権協会(JASRAC)からダウンロードにつき許諾を得ていませんので、ダウンロードはしないよう御願い致します。

     MP3♪&詞 聖歌・賛美歌 〜  



MP3音楽 のべ 1986曲集
日々信仰生活を送る方にも十分な数の曲 
漢字かな混じり文からなる、意味の分かりやすい歌詞 
1人や家庭集会などの少人数の礼拝に、歌の練習にどうぞ。

たっぷり単音 (ピアノ音、オルガン音)、メロディに親しむことができます。
静かな弦楽四重奏 (4声)(実数370曲)
心落ち着くオルゴール音(3声)(実数33曲)
パート別練習もできます(四重奏、パート奏)(実数73曲) 
いろいろなことがあります。
聖歌・賛美歌を聴いて、歌って
今日も1日、元気にお過ごし下さい。
  こちらは、広告は載せない、非営利の、
たった1人のボランティアが作成・管理を続けているホームページです。


                    2020/5/23 現在   ●mp3♪   1986曲 (複数の歌集間の重複を含む) 
                                  ●詞      338編  複数の歌集間の重複を含む 
引用歌集等は次の通りです。また一覧表は8ページに分けて載せています   
1・2ページ目 新 聖 歌 (1〜250)、 (251〜) 日本福音連盟 新聖歌編集委員会(2001年初版)
ページ目 讃 美 歌 21 日本基督教団 讃美歌委員会 (1997年初版)
4ページ目 聖  歌 日本福音連盟 聖歌編集委員会(1958年版第27刷)
ページ目 讃 美 歌 日本基督教団 讃美歌委員会(1954年版第281刷)
ページ目 その他の歌集     多くは、上記の歌集に収録されているものを集めたものです。           
 ページ目 四 重 奏/パート奏(+オルゴール音)   歌集の楽譜を元に四重奏の音源を作りました。現在73曲
 ページ目  番外 創 作 賛 美 歌   

                       暗 唱 聖 句       古いものから順に暗唱聖句の部屋に収納します。    
このコーナーは長い間お休みしています。                         2019/10/15 記  

                〜曲などのリクエスト、御意見、ご感想をお待ちしています。〜  メールはこちらへ

   

(歌集について)
1、ここで取り上げる歌は主としてキリスト教(基督教)のプロテスタント系の教会で歌われるものです。カトリック教会で歌われるものはあまりないと思われます。

2、またここでいう「新聖歌」「讃美歌21」「聖歌」「讃美歌」「讃美歌第二編」などは歌集の固有名詞です。従って、同じ歌(メロディや歌詞)でも歌集によって番号や題名が異なるのが普通ですし、歌詞やメロディも微妙に異なる場合があります。
 なお、このように歌集により微妙な差異がありますので、主旋律は「聖歌」または「新聖歌」を元に作成しています。
 また、パート譜(アルト、テノール、バス)に至っては、同じものから全く異なるものまでありますので、「新聖歌」を基に作成しています。

3、「聖歌」や「讃美歌」は、キリスト教(基督教)プロテスタント系教会のうち、日本基督教団(国内最大の教団)その他の、福音派といわれる教派で最も愛用されてきた歌集といってもよく、その意味ではプロテスタント系教会の代表的な賛美歌集と思われます。なお、「聖歌」は絶版となって久しくなりますし、「讃美歌21」も出版されて久しくなりますが、現時点で実際にどの歌集が多く使われているのかは残念ながらよくわかりません。 2019/10/16


(編集いろいろ)
1、受け身の賛美と、主体的な賛美。雰囲気を楽しむだけの賛美と、意思を表す賛美
 荘厳で美しい音楽(奏楽)を聞きながら献げる賛美は、ややもすれば受け身の賛美になったり、単にキリスト教的雰囲気を楽しむだけの行為になったりしないでしょうか。美しい音楽が流れると、聞くことに気をとられて、歌う気持ちが弱くなったりするかもしれません。また一方で、教会の大人数の中での賛美は、ただ大声を張り上げて忙しく歌うだけで、歌詞の意味を落ち着いて思いめぐらす余裕がない場合もあるでしょう。そこで、むしろアカペラというのでしょうか、声だけの賛美の方が、意味をかみしめながら、主体的な、意思のある賛美をすることができるような気がします。しかし、メロディがわからない、伴奏がないと歌えない、という方もおられるので、必要最小限の助けとして、主旋律だけを奏でることで、一人一人の、落ち着いた、主体性や意思のある賛美のお手伝いをする、これがこのホームページの出発点でした。というわけで、単音(単旋律)のピアノ音やオルガン音の作成から始めました。・・・
 その後歳月がたち、このホームページを始めてから14年ほどは立つようですが、今思えば、私たちが日常耳にする音楽にはほとんど伴奏がついており、伴奏のない音楽、つまりメロディだけを聴く機会は非常に少ないような気がします。そういう意味でもピアノ音、オルガン音の単音がこのホームページの1番の特徴かもしれません。 2019/10/16

2、
教会の聖歌隊で歌う方のために
 四重奏と、アルト、テノール、バスのパート音も作ってみました。聖歌隊が一番活躍しそうなクリスマスの曲を中心に作り始め、これまでに約73曲ができましたが、四重奏、パート音はひとまずここまでで終了と致します。

3、歌詞の記載
 平仮名の歌詞はできるだけ漢字に置き換え、わかりにくい言葉には注をつけることにより、ただ何となく歌うのではなく、意味を噛みしめながら歌うことができるようにしてみました。ただし、一部の曲にしかつけていないので中途半端感は否めませんが、ご容赦を。

4、歌集と一緒にご利用下さい
 このホームページは、最低でも1冊の聖書、1冊の歌集をお手元において利用して頂くことを想定して作成しています。
従って、それらでは得られないもの、たとえば「音」「漢字表記の歌詞」などを載せるようにしてきました。楽譜は必要ないと思われますし、「聖歌」「讃美歌」は歌詞がほとんど平仮名で表記されていますので、漢字仮名交じり文に直して記載したものもありますが、「新聖歌」「讃美歌21」はすでに多数の漢字を使用して表記されていますので、これらについては歌詞を記載する必要はないかもしれません。

5、いわゆる「差別用語」について
 いわゆる差別用語を使わないという考えの基に讃美歌等でも言葉の置き換えがなされてきているようです。ただ、個人的には、差別は「人の心」から生ずるものであって、必ずしも言葉そのものにあるわけではないという考えに立ち、古い版の歌集を使っている場合は、歌詞をそのまま載せています。

6、4声の音源
 2018年6月頃から「4声」の音源も作り始めました。これは「四重奏」が楽譜に忠実に作成したものであるのに対して、主旋律をもとに私(ホームページ管理者)が和音を付けて4声にしたものです。また、音色は教会では馴染みが薄いかもしれませんが、弦楽器音にしました。賛美の伴奏としてはもちろん、聴くだけでも楽しめていただければ幸いです。

2019/10/16

  mp3♪&詞
    
聖歌・賛美歌
0 トップページ
1 新聖歌(1) (1〜250番)
2 新聖歌(2) (251〜  )
3 讃美歌21
4 聖 歌
5 讃 美 歌
6 その他の歌集
7 四重奏/パート奏(+オ) 
8 創作賛美歌
●日本聖書協会にリンク
今日の聖句
聖書検索
●玖珠教会にリンク
ポケット聖書辞典
●聖書辞典の代わりに
ウィキペディア フリー百科事典
イエスの香り聖書館
暗唱聖句(7句)
リンク

ホームページ作者
メールはこちらへ 
○音がでない場合の対処の仕方
  
○簡単に音色を綺麗にする方法
○更新履歴
      このページへのリンクは自由にして下さって結構です。ただし、貴ホームページとは別個のホームページであることがわかるような表示をし、新しいウィンドウを開く形式でお願い致します。
    

    〜板倉直壽 作品集 「メロディと詞の個展」〜       〜背くらべ/おもちゃのマーチの海野厚作品集〜



ホームページ作成者/板倉直壽
    更新日 2019/10/18