〜聖歌・賛美歌〜   「たみみなよろこべ」 「もろびとこぞりて」       

聖歌 122 民皆喜べ

@民皆喜べ  主は来ませり
 心を  備えて
 いざ迎えよ  いざ迎えよ  いざ  いざ  迎えよ

A地に下りませり  救い主は
 野山も  流も  声上ぐべし  声上ぐべし
 声  声  上ぐべし

B罪の呪(のろ)いをば  解き給えば
 憂(うれ)いも  悩みも  皆消え失(う)せん 皆消え失せん
  皆  皆  消え失せん

C主は世を統(す)べ給う  御恵みもて
 主の愛  主の義を  誉(ほ)め称えよ  誉め称えよ
  誉め  誉め  称えよ


賛美歌 112 諸人挙(こぞ)りて   

@諸人(もろ)(こぞ)りて  迎(むか)え奉(まつ)れ  久しく待ちにし
  主は来ませり  主は来ませり  主は  主は来ませり

A悪魔の人屋(ひとや)を  打ち砕(くだ)きて  捕虜(とりこ)を放つと ○人屋(獄因、獄)・・・牢屋
  主は来ませり  主は来ませり  主は  主は来ませり

Bこの世の闇路(やみじ)を  照らし給う  妙(たえ)なる光の
  主は来ませり  主は来ませり  主は  主は来ませり

C萎(しぼ)める心の  花を咲かせ 恵みの露(つゆ)おく
  主は来ませり  主は来ませり  主は  主は来ませり

D平和の君なる  御子を迎(むか)え  救いの主(ぬし)とぞ
  誉め称(たた)えよ  誉め称えよ  誉め  誉め称えよ


新聖歌 76 諸人挙(こぞ)りて 

@諸人(もろ)(こぞ)りて  迎(むか)え奉(まつ)れ  久しく待ちにし
  主は来ませり  主は来ませり  主は  主は来ませり

A悪魔の人屋(ひとや)を  打ち砕(くだ)きて  捕虜(とりこ)を放つと ○人屋(獄因、獄)・・・牢屋
  主は来ませり  主は来ませり  主は  主は来ませり

Bこの世の闇路(やみじ)を  照らし給う  妙(たえ)なる光の
  主は来ませり  主は来ませり  主は  主は来ませり

C萎(しぼ)める心の  花を咲かせ 恵みの露(つゆ)おく
  主は来ませり  主は来ませり  主は  主は来ませり

D平和の君なる  御子を迎(むか)え  救いの主(ぬし)とぞ
  誉め称(たた)えよ  誉め称えよ  誉め  誉め称えよ


賛美歌21 261 諸人挙(こぞ)りて      

@諸人(もろ)(こぞ)りて  いざ迎(むか)えよ  久しく待ちにし
  主は来ませり  主は来ませり  主は  主は来ませり

A悪魔の力を  打ち砕きて  捕虜(とりこ)を放つと ○人屋(獄因、獄)・・・牢屋
  主は来ませり  主は来ませり  主は  主は来ませり

Bこの世の闇路を  照らし給う  光の君なる
  主は来ませり  主は来ませり  主は  主は来ませり

C平和の君なる  御子を迎え  我らの救いと
  誉め称(たた)えよ  誉め称えよ  誉め  誉め称えよ


リビング・プレイズ 208 諸人挙(こぞ)りて


こどもさんびか 76 もろびとこぞりて


○このページはオルガン音です。    ●ピアノ音    ●四重奏    ソプラノ+アルト   ソプラノ+テノール  ソプラノ+バス

○全歌集とも主旋律、テノール、バスは同一。/アルトは聖歌と他の歌集との間で3カ所の違いがあります。


0 トップページ  1 新聖歌(1)  2 新聖歌(2)  3 讃美歌21  4 聖 歌  5 讃 美 歌  6 その他の歌集  7 四重奏  8 創作賛美歌