〜聖歌・賛美歌〜   「くじゅうくひきのひつじは」      


聖歌 429 九十九匹の羊は   ※ト長調→へ長調に移調

@九十九匹(くじゅうくひき)の羊は  檻(おり)にあれども
  戻(もど)らざりし一匹(いっぴき)は  何処(いずこ)に行(ゆ)きし
  飼(か)い主より離れて  奥山に迷えり  奥山に迷えり

A「九十九匹もあるなり  主よ良からずや」
  主はえぬ  「迷いし者も我がもの
  如何(いか)に深き山をも
  分け行きて見出さん  分け行きて見出さん」

B主は越え行き給(たま)えり  深き流れを
  主は過ぎ行き給(たま)えり  暗き夜道を
  死に臨(のぞ)める羊の  鳴き声を頼りに  鳴き声を頼りに

C「主よ  山道を辿(たど)る  血潮(ちしお)は何ぞ」   ※血潮(ちしお)・・・熱血、激しい意気
  「そは  一匹の迷いし者の為なり」
  「御手(みて)の傷は何故(なにゆえ)
  「茨(いばら)にて裂かれぬ  茨(いばら)にて裂かれぬ」

D谷底(たにそこ)より空まで  御声ぞ響(ひび)
  「失われし羊は  見出されたり」
  御使(みつか)いらはえぬ
  「いざ共に喜べ  いざ共に喜べ」


新聖歌 217 九十九匹の羊は

@九十九匹(くじゅうくひき)の羊は  檻(おり)にあれども
  戻(もど)らざりし一匹(いっぴき)は  何処(いずこ)に行(ゆ)きし
  飼(か)い主より離れて  奥山に迷えり  奥山に迷えり

A「九十九匹もあるなり  主よ良からずや」
  主はえぬ  「迷いし者も我がもの
  如何(いか)に深き山をも
  分け行きて見出さん  分け行きて見出さん」

B主は越え行き給(たま)えり  深き流れを
  主は過ぎ行き給(たま)えり  暗き夜道を
  死に臨(のぞ)める羊の  鳴き声を頼りに  鳴き声を頼りに

C「主よ  山道を辿(たど)る  血潮(ちしお)は何ぞ」   ※血潮(ちしお)・・・熱血、激しい意気
  「そは  一匹の迷いし者の為なり」
  「御手(みて)の傷は何故(なにゆえ)
  「茨(いばら)にて裂かれぬ  茨(いばら)にて裂かれぬ」

D谷底(たにそこ)より空まで  御声ぞ響(ひび)
  「失われし羊は  見出されたり」
  御使(みつか)いらはえぬ
  「いざ共に喜べ  いざ共に喜べ」


○このページはオルガン音です。    ●ピアノ音はこちらです。


0 トップページ  1 新聖歌(1)  2 新聖歌(2)  3 讃美歌21  4 聖 歌  5 讃 美 歌  6 その他の歌集  7 四重奏  8 創作賛美歌