〜聖歌・賛美歌〜   「かがやくひをあおぐとき」            


                           四    重    奏  


聖歌 480 輝く日を仰ぐ時
賛美歌 U 161 輝く日を仰ぐ時
新聖歌 21 輝く日を仰ぐ時

賛美歌21 226 輝く日を仰ぐ時

インマヌエル賛美歌 45 輝く日を仰ぐ時



@輝く日を仰(あお)ぐとき  月星眺(なが)むるとき
  雷(いかずち)鳴り渡るとき  真(まこと)の御神(みかみ)を思う

     我が霊(たま)いざ称(たた)えよ  大いなる御神を
     我が霊
(たま)いざ称(たた)えよ  大いなる御神を

A森にて鳥の音(ね)を聞き  聳(そび)ゆる山に登り
  谷間の流の声に  真(まこと)の御神(みかみ)を思う

     我が霊(たま)いざ称(たた)えよ  大いなる御神を
     我が霊
(たま)いざ称(たた)えよ  大いなる御神を

B御神は世人を愛し  一人の御子を下し
  世人の救いの為に  十字架に架(か)からせたり

     我が霊(たま)いざ称(たた)えよ  大いなる御神を
     我が霊
(たま)いざ称(たた)えよ  大いなる御神を

C天地(あめつち)造りし神は  人をも造り変えて
  正しく清き魂(たましい)  持つ身とならしめ給(たも)

     我が霊(たま)いざ称(たた)えよ  大いなる御神を
     我が霊
(たま)いざ称(たた)えよ  大いなる御神を

D間もなく主イエスは来(きた)り  我らを迎え給(たま)わん    ※Dは新聖歌21、インマヌエル45のみ。
  いかなる喜びの日ぞ  いかなる栄えの日ぞ

     我が霊(たま)いざ称(たた)えよ  大いなる御神を
     我が霊
(たま)いざ称(たた)えよ  大いなる御神を


○このページは四重奏です。  アルト   テノール  バス  ●オルガン音  ●ピアノ音


0 トップページ  1 新聖歌(1)  2 新聖歌(2)  3 讃美歌21  4 聖 歌  5 讃 美 歌  6 その他の歌集  7 四重奏  8 創作賛美歌