〜聖歌・賛美歌〜   「いざもろともしゅを」 「かたきしんこうのもといなる」 「かみのみこは」 「しゅのみちびき」 「いそぎきたれ しゅにあるたみ」


                                  四    重    奏  


聖歌 130 いざもろとも主を ※イ長調からト長調に移調

@いざ諸共(もろとも)主を拝せよ             諸共・・・一緒、同時
 ベツレヘムに主は在(あ)れぬ
 彼こそは主の主にませ 

  (くり返し) 行きて拝せよ 行きて拝せよ
      行きて拝せよ 神の子を


A天津(あまつ)使い 主を称えよ
 天(あめ)に行きし主の民も 
 「神にあれ 大御栄(おおみさかえ)」と

  (くり返し) 行きて拝せよ 行きて拝せよ
      行きて拝せよ 神の子を


Bこの嬉しき日の朝(あした)
 我ら歌わんイェス君を
 実(げ)に 「ことば」 人となりぬ            実に・・・まことに、現実に

  (くり返し) 行きて拝せよ 行きて拝せよ
      行きて拝せよ 神の子を


聖歌 240 堅(かた)き信仰の基(もとい)なる※イ長調→ト長調に移調


賛美歌 111 神の御子は ※ト長調のまま

@神の御子は  今宵(こよい)しも     ※しも・・・語調、文勢を強める
  ベツレヘムに  生まれ給う
  いざや友よ 諸共(もろとも)

  急ぎ行きて  拝まずや         ※〜や・・・反語(否定形を使って強い肯定を表す)。拝みましょう
  急ぎ行きて  拝まずや

A賎(しず)の女(め)をば  母として    ※賎(しず)・・・いやしい。身分が低い。 
  生まれましし  緑児(みどりご)は    ※生まれましし・・・お生まれになられた
  真(まこと)の神  君の君        ※緑児・嬰児(みどりご)・・・新芽のように若々しい幼児

 急ぎ行きて  拝まずや   急ぎ行きて  拝まずや  

B「神に栄えあれかし」と          ※かし・・・意味を強める
  御使いらの声すなり
  地なる人も称(たた)えつつ

 急ぎ行きて  拝まずや   急ぎ行きて  拝まずや

C常(とこ)しなえの  御言葉は        ※常しなえ・・・永久(とこしえ)
  今ぞ人と成り給う
  待ち望みし  主の民よ

  己(おの)が幸を祝(いわ)わずや      ※己(おの)・・・自分  
  己(おの)が幸を祝(いわ)わずや      ※祝(いわ)わずや・・・祝いましょう


賛美歌 284 主の尊き ※ト長調のまま


新聖歌 75 神の御子は 

@神の御子は  今宵(こよい)しも     ※しも・・・語調、文勢を強める
  ベツレヘムに  生まれ給う
  いざや友よ 諸共(もろとも)

  急ぎ行きて  拝まずや         ※〜や・・・反語(否定形を使って強い肯定を表す)。拝みましょう
  急ぎ行きて  拝まずや

A乙女(おとめ)マリヤ  母として      
  生まれましし  緑児(みどりご)      ※生まれましし・・・お生まれになられた
  真(まこと)の神  君の君         ※緑児・嬰児(みどりご)・・・新芽のように若々しい幼児

 急ぎ行きて  拝まずや   急ぎ行きて  拝まずや  

B「神に栄えあれかし」と          ※かし・・・意味を強める
  御使いらの声すなり
  地なる人も称(たた)えつつ

 急ぎ行きて  拝まずや   急ぎ行きて  拝まずや

C常(とこ)しなえの  御言葉は        ※常しなえ・・・永久(とこしえ)
  今ぞ人と成り給う
  待ち望みし  主の民よ

  己(おの)が幸を祝(いわ)わずや      ※己(おの)・・・自分  
  己(おの)が幸を祝(いわ)わずや      ※祝(いわ)わずや・・・祝いましょう


賛美歌21 259 急ぎ来たれ、主にある民


リビングプレイズ 222 いざもろとも主を


○このページは四重奏です。  アルト      テノール     バス    ●ピアノ音    ●オルガン音 


0 トップページ  1 新聖歌(1)  2 新聖歌(2)  3 讃美歌21  4 聖 歌  5 讃 美 歌  6 その他の歌集  7 四重奏  8 創作賛美歌