〜聖歌・賛美歌〜   「しずかにねむれる」 「ああベツレヘムよ」           


                                 四    重    奏  

聖歌 124 静かに眠れる

@静かに眠れる  小さき村
  ベツレヘムよ今  汝(なが)(うまや)に  ※馬小屋 
  起これることを  汝(なれ)は知らず
  御民(みたみ)の望みし  主のみ在れぞ

A静けき真夜中  イエスキリスト
  現れ給(たま)いぬ  誰(たれ)知らぬ間
  ただ朝の星  神を称(たと)
  天(あめ)には御栄(みさか)え  地に平和と

B奇(くす)しき賜物(たまもの)  神の愛は     
 静かに地に降る  露(つゆ)のごとし
 今なおイエスは  宿としたもう
 いとも謙(へりくだ)る  汝(なが)心を

C神の御子イエスよ  いざ下りて
  汚(けが)れし心を  汝(なが)御座(みざ)とし
  永久(とこしえ)までも  座(ざ)したまえや
  インマヌエルの主よ  我が御神(みかみ)


賛美歌 115 ああベツレヘムよ
新聖歌 84 ああベツレヘムよ 

@ああベツレヘムよ などか1人  
  星のみ匂(にお)いて深く眠る      
  知らずや今宵(こよい) 暗き空に
  常世(とこよ)の光の 照り渡るを

A人皆眠りて 知らぬ間にぞ
  御子なるキリスト 生まれ給う            
  朝(あした)の星よ 歌い奉(まつ)
  「神には御栄(みさか)え 地に平和」と

B静かに夜露の 下(降)るごとく
  恵みの賜物(たまもの) 世に臨(のぞ)みぬ  
  罪深き世に 斯(か)かる恵み               
  天(あめ)より来(く)べしと 誰(たれ)かは知る

Cああベツレヘムの (きよ)き御子よ
  今しも我らに 下り給え                  
  心を清(きよ)め 宮となして
  今より常磐(ときわ)に 住まい給え        

 ※青字は新聖歌です。
※などか・・・なぜか。どうして
※匂う・・・赤くなる。赤などの美しい色が鮮やかに映える
※治者として被治者に対する身分の高い人が自らその場に行く。

※斯(か)かる・・・かくあるの約。このような。
※今しも・・・シ、モは強めの助詞 ちょうど今、たった今
※常磐・・・常に変わらない岩。永久不変なこと。


賛美歌21 267 ああベツレヘムよ

@ああベツレヘムよ  小さな町
  静かな夜空に  瞬(またた)く星
  恐れに満ちた  闇の中に
  希望の光は  今日輝く

Aマリアを母とし  生まれた御子(みこ)
  星々(ほしぼし)輝け  語り告げよ
  御使い歌え  この喜び
  「神には御栄え  地に平和」と

B人は皆眠(ねむ)り  気づかぬ間に
  恵みの賜物(たまもの)  天(てん)より来る
  心低くし  主を迎えよ
  罪ある世界の  救い主を

Cああベツレヘムの  清い御子よ
  今こそ我らは  心開く
  全ての罪を  取り除く主
  共に宿る神  インマヌエルよ


リビング・プレイズ 205 静かに眠れる


○このページは四重奏です。  アルト   テノール  バス    ●ピアノ音    ●オルガン音 


0 トップページ  1 新聖歌(1)  2 新聖歌(2)  3 讃美歌21  4 聖 歌  5 讃 美 歌  6 その他の歌集  7 四重奏  8 創作賛美歌