〜聖歌・賛美歌〜   「きよらにほしすむこよい」「さやかにほしはきらめき」      

                              四    重    奏     


聖歌集 239 清らに星すむ今宵 

                                                   変ホ長調→ハ長調に移調  1分=90拍

注:この歌は譜面がないと恐らく正確には歌えないのではないかと思います。
  参考になるかどうかわかりませんが、下のように、1番の歌詞の音を伸ばすところに−印を入れてみました。
  −は1拍くらい、−−は2拍くらい、−−−は3拍くらい、−−−−は4拍くらいの長さという意味です。

 (休み−−) き−よらに−− ほしすむこよ−−い かみのこ− あもり− ましぬ−−−−
 (休み−−) け−がれに−− そめるよびと−−に いのちを− あたえんために−−
 (休み−−) のぞ−み−の−あ− したをむか−え よろ−こ−び−の− ひをあおぐ−−
 ああ−−− たれも−−−− きけ−−−みつかい−−の−− うた−−−−ごえ−−−
 そらに−−− わたるを−−− き−り−−− すと−−− う−ま−−れま−し−ぬ


@清らに  星住む今宵(こよい) 神の子  天降(あも)り在(ま)しぬ  ※在(ま)し・・・なさる(尊敬語)
  汚(けが)れに  染(そ)める世人に  命を与えん為に
  望みの明日(あした)を迎え  喜びの日を仰ぐ
  あああ  誰(たれ)も  聞け  御使(みつか)いの
  歌声  空  渡るを
  キリスト  生まれ在(ま)しぬ

A信仰の光を辿(たど)り  我らも拝し奉(まつ)らん
  奇(くす)しき星影踏みて  来たりし  博士(はかせ)ならねど
  馬槽(うまぶね)に  眠る御子(みこ)は  世の悩み負う主なり ※馬槽(うまぶね)・・・馬草を入れる桶(おけ)
  あああ  主こそ  世の罪人(つみびと)
  友なれ  いざ来たりて
 委(ゆだ)ねよ  汝(なが)重荷を

B愛をば教え給いし  主は  げに平和の君(きみ)
  奴隷の鎖(くさり)(た)ち切り  主は自由を与え給う
  誉(ほ)め奉(まつ)れ  我らの主を  謝(しゃ)し奉れ  主の愛に
  あああ  彼は   主の主に在(ま)せり
  称えよ  その  力を
  伝えよ  その栄えを



賛美歌U 219 さやかに星はきらめき


リビングプレイズ 210 さやかに星はきらめき

  聖歌集239とメロディはほとんど同じですが、ほんの少し違う点があり、歌詞も2番までです。       ハ長調のまま  1分=90拍
  リビングプレイズ210のmidiはこちらです。


○このページは四重奏です。  アルト   テノール  バス   ●ピアノ音    ●オルガン音


0 トップページ  1 新聖歌(1)  2 新聖歌(2)  3 讃美歌21  4 聖 歌  5 讃 美 歌  6 その他の歌集  7 四重奏  8 創作賛美歌