〜聖歌・賛美歌〜   「せいなるかな」「せいなるかみよ」 「せいなるせいなる」     


注 流れるメロディは賛美歌66、新聖歌137、賛美歌21-351、こどもさんびか12です。
   
賛美歌66、新聖歌137、賛美歌21-351 こどもさんびか12 のメロディは全く同じです。しかしこれらと聖歌96、212はそれぞれ少しずつ違うところがありますので、
   別個にページを設け、それぞれのメロディが出るようにしてあります。


聖歌 96 聖なるかな     ※ニ長調のまま
                                              聖歌96番

1、聖なるかな  全能の神 
   我ら  朝まだき  褒めまつる          ※朝まだき:夜の明けきらぬ頃(早朝)
    三(みつ)にまして  一人の神            ※三:三位一体
     愛に充(みつ)る  強き主を  
                       2、聖なるかな  聖徒たちも 
                          御使いたちも  頭(こうべ)を垂(た)
                           昔在(いま)し  今も在し
                            また  永久(とわ)に  在(ま)す神に       
3、聖なるかな  罪ある目は                        ※います、ます:いらっしゃる
   汝(な)が御栄えを  見奉(まつ)らねど
    力と  愛と  清きことの               ※円かさ:円満であること
     円(まど)かさ  類(たぐい)あらじ               
                        4、聖なるかな  全能の神
                           造られしものは  誉め称(たと)う
                            三にまして  一人の神
                              愛に充る  強き主を 


聖歌 212 聖なる神よ        ※ニ長調のまま
                                                               聖歌212番  

@聖なる神よ  今我らは
  清き御前(みまえ)に  平伏(ひれふ)して
  なさせ給いし  大御業(おおみわざ)
  心の限り  誉(ほ)め奉(まつ)

A聖なる神よ  今御前に
  捧ぐる汝(なれ)が  みとのをば
  清め祝して  汝(なが)栄えを
 仰(あお)ぐ所と  なし給え

B聖なる神よ  やがて我ら
  御元(みもと)に昇る   時までは
  このみとのにて  奇(く)しき業を
 拝させ給え  汝(なが)民に


賛美歌 66 聖なる聖なる


新聖歌 137 聖なる聖なる


賛美歌21 351 聖なる聖なる


改訂 こどもさんびか 12 せいなるせいなる 


○このページはピアノ音です  アルト   テノール  バス  ○四重奏   ●オルガン音 


0 トップページ  1 新聖歌(1)  2 新聖歌(2)  3 讃美歌21  4 聖 歌  5 讃 美 歌  6 その他の歌集  7 四重奏  8 創作賛美歌